☆人とのつながりを深める情報共有・伝達のモデルケースづくり

リンク元へ戻る

トップページへ

情報共有などにより、「ひと」(児童生徒同士、教職員-教委事務局間)の連携強化を図るためのICTネットワークの活用策についての研究。

・YCANとYYNETの再定義と具体的なアクションプラン ・職員室にYCANをおいた場合の実践と全校規模で行った場合のシミュレーション ・職員室内におけるSBCやグループウェアの活用 ・校内LAN(教室)におけるCMS等の活用実践(情報共有、学級間交流) ・学校間交流の授業実践(YYネット掲示板?テレビ電話、ビデオチャットなど) ・学校HPを核にした地域・他校との交流

アンケートシステム

緊急時情報収集システム 学習コース、評価 各種届出(学校→委員会)

メーリングリスト

地域向け 保護者向け 教職員同士

YYNET → 子供用 YCAN → 校務用 として、それぞれの役割を整理する。

フリースペースにパソコン設置?

YYNET機能  ・掲示板  ・Webメール  ・学習用コンテンツ  ・学校Web  ・各課ページ(ハマアップ含)  ・メーリングリスト(各校1)

YCAN機能  ・eメール(SMTPによる)  ・内部向け各局Web(CMS)  ・各種事務システム(財務会計など)  ・メーリングリスト

外部Webは別提供(FTP)  ほんとは学校Webがこっちにあってもいいんだけどね・・

移動