☆授業改善につながる環境づくり

トップページへ

子供一人一人の発達に応じたわかりやすく楽しい授業や「情報を調べて・まとめて・発信する」という情報活用能力を身につけた児童生徒育成のために必要な 「ひと」-教員・保護者・地域ボランティアなど 「もの」-ICTや視聴覚機材などの授業支援環境 「こと」-改善の方向性や授業における仕掛けなど これら3要素が相乗効果を生み出す環境の整備方法を研究する。

「ひと」…アフターネットデイの活動と、ネットデイボランティアの継続的な関わりに向けて。児童・生徒間のコミュニケーション。 「もの」…校内WebサーバーやCMS、グループウェアなどの導入と活用。ネットワーク機器の活用。 「こと」…情報教育の実践例や方法論の発信をどう進めるか。

校内研修の実施

評価

・授業改善の尺度って何だろう? 子どもの変容 準備の効率化 環境負荷、経済的負荷の軽減

できる限り数値化